スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去問 補足 

過去問について、少し補足させていただきますね。

前回は、「すこしでも早く、目を通して、傾向を肌で感じることが重要です。 」と書きましたが、もうちょっと具体的にいいますと・・・

・ノート等を用意して、一問一問解答を記入していく必要はありません

・「目を通す、なんだから、ざっと読めばいいんだろう」と、いうのも違います。

目的は、出題傾向を肌で感じ、今後の勉強に際して、意識を持ってやっていく、ということですので、(机に向かっていなくてもいいんですが)

・問題は真剣に読む

・時間をかけて考える必要はないが、「答えはこんな感じかな」と頭に浮かべる

・解答、解説を読む

これを数年分やれば、だいたいの傾向は把握できると思います。

あとは、学校や塾での授業の際、家庭での学習の際に、「志望校の入試にとって重要なところなのか、そうではないところか」を意識してやっていくだけです。

くれぐれも、「わあ、全然わからない。自信なくした」なんて思わないでくださいね。

今はわからなくてもいいんです。(極端な言い方をすれば、一問もわからなくても構いません)

一年後に、ちゃんと(といっても100点満点をとる必要はないんですが)答えられるようになっていればいいんですから。

そして、この時期から受験を意識して取り組めば、かなりの確率で、そうなることを、私は確信しています。

ですから、皆さんも確信して、やっていきましょうね。

「やっても無駄」なんてことは、絶対にありません。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masajuken2.blog87.fc2.com/tb.php/6-6a5df7c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。